<< ドゥニ先生のフランス料理講習会 | main | 弓田先生の意外な言葉 >>
フランス料理講習会その2
 試食後、午後からの説明があり「やる事が大変多く長丁場になる」との事。

それもそのはずで今年のルセットはメインが4品!(昨年は前菜、スープ、

メイン2品)

しかも先生がデモンストレーションしている”ブルターニュ風子羊の詰め物”

は大変手間がかかるもので、朝一から作り始めて完成は夕方。

その合間に鶏肉(プレ)の調理を我々がせねばならず、座る暇はなし。

これではワイン1杯だけ!のおふれも納得できます(笑)


デモンストレーション・子羊

まず子羊料理のレクチャー,デモンストレーションを受けてから次の

”プレ(鶏肉料理)”へ。

こちらも先生のレクチャー,デモを受けてから調理を開始します。




丸ごとのプレをさばく所から始まりますが,kamataroチームは男子が

一人なので,当然のように自分に回ってきます!

まあ、回されなくてもやる気でいたのですが(笑)

その間にも先生に見せて指導していただきます。

すると先生、「首の皮を切りすぎたようだね!プレが寒いって言ってる

よ!」と…ギャグはオヤジ級のようです(驚)

料理中の先生はかっこいい!


調理、レクチャー、デモンストレーションと繰り返し、いよいよ

山場へ!

この間ずっとたちっ放しで休憩なし、足はパンパンですが、ガンバリマス!

(耐えきれずに座っている人もいます)


プレ(仕上げ)

「プレにあわせてソースを仕上げるように!」と指令が出て、最後の

踏ん張り所!先生に最終チェック&味見をしてもらう…

無言でうなずく先生!!この瞬間が講習受けてよかった♪と思う最高の

ひととき…

プレ(鶏肉)のヴァレ・ドージュ風


さめないうちに食べるように!との事で、早速試食します♪

ココからは飲んでいいぞ!と弓田先生からお許しをいただきます(笑)

赤、白とボトルごと各テーブルにおいてゆく先生!なんだか嬉しそう。


子羊の最終仕上げ


先生のレクチャーをうけ、最後の一品。

全員分の子羊料理を先生が仕上げて下さいます♪(嬉)


ブルターニュ風子羊の詰め物、白いんげん豆とキャベツのソテー


ドゥミグラスベースのソースは子羊のフォンを使用。

塊肉に見えますが、肩肉で子羊のミンチを包んであり、中心部分は

ふわふわ。

肩肉はぽろぽろしたイメージがあったのですが、そんな事はなく

しっとり柔らか。

材料、手間を考えるとアラカルトで一皿1万円くらいするでしょう。

食べた瞬間に”しあわせ”が訪れる一品でした。

そしていよいよフィナーレを迎えます。



- | comments(2)
comment
何なんでしょー、この美味しい料理を生み出すセンス!
私あんまりフランス料理って好きじゃなかったんですけど、
ドゥニさんの料理を食べて本当にびっくりしましたー。
美味しいフランス料理ってこういうのかー!と衝撃的でした。
そんでもってペロッと食べられちゃいました。
弓田先生がいつも言ってた味ってこれか〜と納得でしたよ。
作るのはなかなか難しそうだけど、味わって記憶に残しておくことはできるもんね。
本当に出会えてよかったな〜、イルプル(また宗教っぽい?(笑))

みっちぃ 2011/08/13 12:03 PM
ドウニ先生、弓田先生の料理に出会って、今までの概念をすべてひっくり返されました(笑)
同時に長年感じていた疑問にもすべて明快な答えをいただいて、はまりました!

ほんとに出会えてよかった〜(もちろん宗教です(笑))

kamataro 2011/08/16 4:20 AM

message :


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Profile
New Entry
Comment
Category
Archives
Link
Search