<< お知らせ | main | お知らせ >>
フランスの旅
 コートのまま寝てしまい、AM5;30に目が覚める。
カーテンを開けると雪が降ってました。
今日は最終日。
12:00の集合時間までは自由行動なので朝食後、ヴァンブー蚤の市へ向かいます。
朝7:00〜開催との事なのでいそいそと雪の中をおなじみの駅まで向かいます。
この日はぎりぎりまでお宝探しをしてタクシーで戻る予定なので、モビリス(乗り放題券)ではなく目的駅までの切符を買います。
だいぶおフランスに慣れてきたつもりなので自販機にチャレンジ!するがあえなく撃沈(英語表示もあったが操作方法が分からず)
窓口のムッシュ係員に助けを求めると、隣にいたマドモアゼル係員が「英語版だったら簡単だから、ご自分でどうぞ!」だって。
こういう時はことばが分からないふりをしてムッシュ係員に熱い目線を送ります(笑)
しょうがね〜な〜とムッシュ係員、さささっと操作して切符を出してくれました(メルシー)
だいぶおフランスクオリティになれたkamataroなのでした(笑)
乗り換え駅で降り、表示をたどって階段を昇ると…出口でした。
表示のままに外に出るも、あたりには駅らしいものが見当たらず、頭に?マークが。
するとmiyuki店長が「なんか来るよ!」と指さす方を見ると


トラム(路面電車)でした。

路面電車と言えば”仙台市交通局”世代のkamataro、わくわくします(同年代なら分かるはず)




で、こんな写真を撮ってみる(笑)

最寄駅で降り、ちょっと迷いながら蚤の市へ到着。
暗い中、目を凝らすとまだ半分くらいしか準備できてない模様だが、妙なテンションの店長とkamataro、なりふりかまわずあさりまくります。


海洋堂(?)ナポレオンフィギュア?

これが最後のチャンスなのでなにか買いたいkamataro、アンティークの銅のパエリアパンとアンティークの金づち2本、古い(ガラクタの中から)銅鍋をGETしたのでした。
他にもいろいろお土産なども買いまして、すっかり明るくなった頃に最初に見始めた辺りに戻ってみますが、めぼしいものは売れてしまったようでガラクタだけが残っていて店主さんもいませんでした。
まだまだ見きれてないお店もあり、なごり惜しいですが時間がせまっているので帰路に着きます。
次回は1日時間をとって念入りに見たいと思う2人なのでした(蚤の市には義母は来ませんでした)

タクシーを拾うべく大通りに出ますが、一台も走ってない…というか車自体あまり走っていません。
考えてみたら今日は日曜日、タクシーもお休み!と思われるので…電車で逆戻り。
あせったかkamataroナビ、最後なのに乗りなれた駅の出口を間違え、見たことのない場所へ出てしまう。
まあ、なんとかなるよ、フランス来てからいろんな事がなんとかなってるから(笑)
線路と高速道路の間を右に行けば大丈夫!雪道をmiyuki店長と歩きます(東北人にはなんてことない)


会社?アパルトマンの表札


無事ホテルにたどり着き、買って来たものを傷つかないようにボストンバッグに入れてロビーへ集合します。
なんと、この日の午前中の自由時間でパスポートと財布を盗まれてしまった方がいたようで、本日は帰国できないとの事…(この後のホテル代、飛行機代、現地係員の日当等は自己負担になるそう)
我々のグループだけでパスポート盗難2件、未遂1件、皆さん気をつけててもこれなので外国は侮れません。

シャルルドゴール空港へはチャーターバスで向かう。
出国手続きは経由地のオランダ、アムステルダム空港で行うとの事でとりあえずは国内線扱い(でもセキュリティーチェックでは靴まで脱がされました)
航空会社はエール・フランス、乗務員の方は明るい笑顔でお出迎えしてくれたのでなんかホッとする。
上空では45分しかないのにアルコールまでドリンクサービス!このときmiyuki店長が「砂糖下さい」
と言うと聞き違えた乗務員さん、ビジネスクラスまで行って”サブレ”を持って来てくれたそうな(発音が悪かったか)素敵な勘違い。

雪のアムステルダム空港、来た時のローマでのトランジットは5時間もあったのに帰りはタイトなスケジュール。
添乗員さんに引っ張られるようにしてセキュリティーチェックへ向かいます。
それにしてもオランダの人って男女問わず大きい人が多い(体格も非常に良い、強そう)
しかも厳格で、出国審査も一人一人念いりに行うので時間がかる。
そのせいか空港内はどこを見てもピカピカで、塵一つ落ちてません。
しかも体格に合わせてかスペースが広く、トイレも広々ピカピカ(でも男子用”小”便器の位置が物凄く高い位置に…フランスは丁度良い高さでした)
航空会社のチェックインも終わり、15分だけ自由時間をもらってダッシュで売店へ向かいます。
バタバタとオランダみやげを購入し搭乗口へ。
帰りはJALのボーイング777、比較的新しい機種。
CAさんが「おかえりなさいませ」だって。

おかえりなさいだけどサヨナラなんだね。

雪のアムステルダム空港、離陸前に翼の雪を除雪しますってアナウンス…で滑走路手前でストップ。
スターウォーズの2本足の巨大メカ見たいのが除雪液を吹きかける。
オランダ人らしく念入りに…いいよ、ゆっくりやって、少しでも長く…
でも作業終了。
当機は離陸致します…





長々と読んで下さり、ありがとうございました。
今度こそ本当に”フランスの旅”は終りです。

前にも書いたけど、不思議で懐かしい感じのするフランス、また来るよ。

フランス | comments(0)
comment

message :


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
New Entry
Comment
Category
Archives
Link
Search