<< 1月のランチのお知らせ。 | main | フランスの旅 >>
フランスの旅

 すっかり暗くなったパリの街中、地下鉄駅を目指して歩きます。
暗くなるとkamataroナビの性能が少し落ちまして、そんなにややこしくない道のりもなんだかサクサク進めません。
到着した地下鉄駅は帰宅ラッシュなのか人であふれかえっております…。

ここでちょっとしたトラブル未遂事件があり(詳しくはmiyuki店長のブログで)、テンションの下がった店長と義母がホテルへ帰ると言いだします(ルーブルは明日行こうと…)
気持はわかるが明日は明日で違う美術館に行きたいkamataro、ちょっとケンカモードになりながらルーブル行きを主張。
タクシーで行くならOKということになり、3人でタクシーに乗ります。


金曜日は21:45まで開いているのです


入り口前の噴水

入り口でセキュリティーチェックがあり、手荷物を検査機に通します(でも係官はお喋りに夢中でした)
とにかく巨大なルーブル美術館、まともに見たらどれだけ時間がかかるか分からない。
なのでガイドマシーン(日本語)を1個借りてそこに表示された”時間が無い人のお勧めコース”(正式名は忘れた)を選択。
サモトラケのニケ〜モナリザ〜ミロのビーナスの3大収蔵品を回るおすすめコースとの事。
ガイドマシーンの誘導に従って進みます。


サモトラケのニケ

ロープも何も張ってないし警備員もいないので、台座の部分なら触れるかも(触ってませんよ)


夜なのに沢山の人々



モナリザを警備する人(おしゃべりが楽しそう)

ガラスケースに入っている上、ロープが張られていて遠い!


ミロのビーナス


壁際に飾ることを想定してあまり造りこまれていないというが…見事!


石なのに、シンプルなのに布の表現が凄い


何故かこの絵に惹かれました

モナリザはmiyuki店長がUPしてくれると思います(笑)
2時間くらいいたと思いますが、次の機会があればじっくり見てみたい(一人で)

美術館の中で食事もできると聞いていたが、軽食しかなかったのでホテルのレストランで食事をとることにしてタクシーに乗り込む。
タクシーの運転手さん、多分中東系の人だと思うが道がよく分からない模様で、地図を見せてもだめで”住所を教えろ”との事。
ガイドさんにもらっていた住所を書いた紙を見せると、カーナビをいじって出発したが運転手さん挙動不審。
なんかブツブツ言ってるしカーナビは表示されてないし…kamataroナビは遠回りになってる!と表示。
なんとかホテルに到着したが、想定内の料金だったので普通に支払う。
チップ替わりにmiyuki店長がアンソレイユの焼き菓子をあげるとすかさず食べてました(笑)
ほんとに道が分からなかっただけなんだね〜(お腹すくと頭回らないし)
その後、レストランでご飯を食べ、フロントで明日回る所の地図を調べてもらいました…が、これが明日、苦労のもとになるのでした(続く)
 


フランス | comments(0)
comment

message :


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
New Entry
Comment
Category
Archives
Link
Search